サラ金で総量規制が関係あるシチュエーション

一般にはサラ金とよばれている消費者金融は、サラリーマンでもお金が比較的気軽に借りやすいという便利さによって、急速に成長してきた業種のひとつであるといえますが、現在では貸金業法の規制によって、そうもいえないという事情が生じてきています。特に、この法律のなかの総量規制とよばれている規制がやっかいで、年収の3分の1を超えるようなお金の貸し付けができないということになっているのです。ただし、この総量規制が関係あるシチュエーションというのも限定されているため、この点に手をつけて借り入れをすれば、これまでどおり、あまり制約を意識せずに、気軽に借り入れをすることは可能なのです。
ここでいう総量規制に関係するシチュエーションというのは、年収と借り入れの希望額を比較してみたところ、年収の3分の1を超えてしまうような場合はもちろんですが、そのほかにも、サラ金から一度に50万円を超えるような貸し付けを受ける場合や、あるいは今回借りようとしているサラ金と、別のサラ金からすでに貸し付けられている分を足したものが、100万円を超えてしまうような場合も含めたほうがよいでしょう。
こうした場合に該当すると、年収確認がきびしくなり、かならず会社の源泉徴収票や給与明細書などといった、収入証明書にあたるものの提出を申し込みの際に求められることになってしまいます。実はこれも法律により確認義務があるために、サラ金のほうでもそうしているのであり、広い意味では総量規制にも連動しているものといえるでしょう。

Back to Top